お知らせ ビープラウド、機械学習・データ分析の問題をオンライン学習サービスPyQにて提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

6月

18

【福岡6/18】IA視点からのUXデザインのアプローチ

カスタマージャーニーマップ作成ノウハウから UX Recipe 開発まで

主催 : エイクエント、ゼネラルアサヒ

ハッシュタグ :#iauxf
募集内容

イベントの説明

お申し込み方法

主催者のエイクエントさまの情報ページからお申し込みください。

IA視点からのUXデザインのアプローチ
カスタマージャーニーマップ作成ノウハウから UX Recipe 開発まで

「UX」や「カスタマージャーニーマップ」という言葉が広く認知されてきたものの、きちんと学んだことがなかったり、具体的にどういうものなのかイメージがわかなかったりする方も多いと思います。そうした課題に対して、実際にUXデザインを業務に取り入れている実務経験から、UXデザインについての基礎知識やカスタマージャーニーマップの作成ノウハウについて、業務の進め方や活用方法などを紹介しながら解説します。

2016年3月に発売された書籍『IA/UXプラクティス』を参考にミニワークのセッションも行います。

今回は、著者の坂本さんをはじめ、寄稿いただいたゼネラルアサヒの稲本さん、グッドパッチの村越さんにもご登壇いただき、各自の視点の違いや共通項などについてパネルディスカッションも行う盛りだくさんの内容になっています。

セッション概要

稲本さん、村越さんのセッションと前提やUXなどの基礎知識を学ぶ講義セッションと、グループで実際にカスタマージャーニーマップを作成するセッションを行います。

セッション1(講義20分:稲本)
ECサイトにおけるLPパターン(仮)

ECサイトのランディングページ(LP)には様々な見え方や作り方がありますが、それらはある共通のパターンで成り立っています。そのパターンを知り、さらに今後LPをとりまく環境の変化に目を向けることで、よりよい購入体験を作り出すことができます。

セッション2(講義20分:村越)
事業会社におけるUXデザインの取り組み(仮)

UXデザインの対象となる業務範囲や影響範囲は、事業会社のビジネスモデルによって解釈が異なります。ここでは、エージェンシーサイド、事業会社サイド、両方を経験した筆者の経験から両者を比較しつつ、事業会社内でのUXデザイン活動における「ビジネスへの洞察力と仮説思考力の導入」「UXデザインの取り組みを組織(企業)へ浸透させる方法」について述べます。

セッション3(講義+ワークショップ90分:坂本)
『IA/UXプラクティス』を解きほぐし、実践する

書籍の内容をベースに、UXデザインからモバイルにおける情報アーキテクチャ、プロトタイピングからカスタマージャーニーマップに至る思考プロセスを紐解きます。とくに、実務で関わってきた過去の出来事などを振り返り、これまでにおきた思考の変化や、現在取り組んでいる「UX Recipe」の取り組みについてお話しします。

講義の後は、カスタマージャーニーマップをグループで作成し、それをもとにディスカッションするワークショップを行います。ペルソナの理解と合わせてカスタマージャーニーマップを作成し、そのうえでカスタマージャーニーマップの抱える課題を明らかにしていきます。どのようにすれば自分たちの業務にも活用できそうかヒントを考えていただくワークショップです。

セッション4(パネルディスカッション30分:坂本、稲本、村越)

エージェンシーの立場、事業会社の立場、またマネジメントする立場や設計者の立場など、各自のバックグラウンドでの経験をふまえて、IA(情報アーキテクチャ)およびUXデザイン、そしてこれからのデザインやモノづくり全般に関するトークショーです。

このセミナーが役立つと思われる方

情報アーキテクチャやUXデザインに関心のある方、Webやアプリなどのデジタルプロダクトの企画をされる方、事業やサービスデザインを検討している方など、とくにサービス企画やコンテンツプランニングをされている方には参加いただきたいと思います。もちろん受発注の関係は問わないため、幅広い立場の方に参加していただきたいと思います。

  • マーケター、企画者、コンテンツプランナー
  • Webプロデューサー、ディレクター
  • アートディレクター、デザイナー

登壇者プロフィール

  • 講演:坂本貴史(さかもと・たかし)
    ネットイヤーグループ株式会社 UXデザイナー。2002年より同社にて、IA/UXデザイナーとして活躍。国内外の大手企業におけるデジタルマーケティング支援として、Webサイトやアプリにおける情報アーキテクチャ設計やUXデザインを専門として従事。とくに、Web情報アーキテクチャを設計する専門職インフォメーションアーキテクト(IA)として活躍中で、自身のブログでも情報発信し、執筆・寄稿やセミナーの講演なども行っている。また、HCD-Net(人間中心設計推進機構)の HCD-Net 評議員としても活躍。著書に『IAシンキング』『IA/UXプラクティス 』がある。

  • 講演:稲本浩介(いなもと・こうすけ)
    株式会社ゼネラルアサヒ 情報アーキテクト。マークアップエンジニアとしてWebの世界に入る。文書構造についての知見 を深めていくにつれ、インフォメーションアーキテクチャに興味を持つ。現在では、主に企画ディレクション業務を担当し、IAのマインドセットを用いた「わかりやすさ」の提案を特に心がけている 。都市部での活発 なIAに関する議論を福岡に持ちこみ、地方ならではのIAを目指す。UX fukuoka、fcs48などのコミュニティにも参加。

  • 講演:村越悟(むらこし・さとる)
    株式会社グッドパッチ 1979年神奈川県生まれ。システムエンジニアとして某大手生命保険会社の契約管理システムの運用保守、生保統合案件に 携わる。その後、Web業界に転じ、Webディレクター/インフォメーションアーキテクトとして、大手企業のコーポレートサイトの構築案件のコンサルティング、構築ディレクションを手がける。2013年グリー株式会社社長室にてコーポレートブランディング業務に従事した後、モバイルゲーム開発部門に異動、UXデザイン専門チームの立ち上げ、同チームマネージャーを経て、2015年5月よりグッドパッチにジョイン。受託チームゼネラルマネージャー経て、2015年12月より取締役に就任。現職。HCD-net認定人間中心設計専門家、特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構 評議委員。

主催者情報

  • 主催:エイクエント
  • 後援:株式会社ゼネラルアサヒ

登壇者

資料 資料をもっと見る/編集する

資料が投稿されると、最新の3件が表示されます。

フィード

おかもと

おかもと さんが 【福岡6/18】IA視点からのUXデザインのアプローチ を公開しました。

2016/05/19 12:03

【福岡6/18】IA視点からのUXデザインのアプローチ を公開しました!

グループ

IA/UXプラクティス刊行記念イベント

IA視点からのUXデザインのアプローチ

イベント数 12回

メンバー数 99人

終了

2016/06/18(土)

13:30
16:50

募集期間
2016/05/19(木) 12:03 〜
2016/06/18(土) 16:50

会場

福岡県Rubyコンテンツ産業振興センター

福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目17-1

福岡県Rubyコンテンツ産業振興センター

管理者